ニュース
» 2013年06月28日 20時07分 UPDATE

美しすぎる廃墟「軍艦島」をストリートビューで巡る 立入禁止区域も撮影

“軍艦島”の名で知られる廃墟の島、長崎県・端島のストリートビューが公開された。植物で覆われた建物や、かつて人が暮らした集合住宅の荒れ果てた内部などが映されている。

[ITmedia]

 Google日本法人は6月28日、“軍艦島”の名で知られる長崎県長崎市高島町端島のストリートビューを公開した。立入禁止のエリアも含め島全体を撮影。現在は無人となっている島の、緑で覆われた建物や荒れ果てた集合住宅の内部などを見られる。

photo

 戦艦「土佐」に似ていることから付けられた“軍艦島”の名で知られる端島は、長崎港から19キロの海上にある半人工島。炭鉱と共に栄え、最盛期には5000人以上が暮らしたが、1974年の閉山と共に無人島となった。

 長崎市の協力により、通常は立ち入りが禁止されているエリアも含め島全体を撮影。バックパック型の撮影機材「トレッカー」を用いて約2時間程度歩いて撮影したという。無人となった集合住宅の内部も「おみせフォト」の機材で撮影。「昔の白黒テレビやソーダの瓶がそのまま残っている様子」も収められている。

photo 集合住宅の内部。開け放たれた冷蔵庫や朽ちた障子の枠が残る

 映画「007 スカイフォール」のデッドシティのモデルとしても使われているが、海風や台風に長年さらされ、少しずつその形を失いつつあるという。同社は、「ストリートビューで撮影したパノラマ画像が、端島の今を留めるデジタルアーカイブとなり、未来の世代にその姿を伝える資料となることを願う」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -