ニュース
» 2013年07月03日 08時04分 UPDATE

「Opera 15」の安定版リリース 「Opera 12」も並行して提供継続

Operaが、Webブラウザの最新安定版「Opera 15」を公開した。独自エンジン「Presto」愛好者のために、当面は旧版「Opera 12.x」も並行して提供していく。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ノルウェーOpera Softwareは7月2日(現地時間)、WindowsおよびMac向けWebブラウザの最新安定版「Opera 15」を公開したと発表した。ダウンロードページから入手できる。

 Operaは5月にβ版に当たる「Opera Next 15」をリリースした際、以降は「Opera Developer」「Opera Next」「Opera(Stable)」の3つのチャンネルでWebブラウザをリリースしていくと発表している。

 Operaはバージョン15から、米GoogleのオープンソースのWebブラウザ「Chromium 28」をベースに構築し直されており、前バージョンまでに備わっていた幾つかの機能(Opera Notesや統合されたメール機能など。メール機能は独立したアプリとして提供されるようになった)がなくなった。そのため、当面はOpera 12.xもバグ修正・セキュリティ対応をしつつ、並行して提供していくという。Opera 12の最新版もダウンロードページから入手できる。

 Opera 15はレンダリングエンジンとしてGoogleの「Blink」を採用したことで、ページの読み込みが高速化した他、新規タブを開くと表示される「Speed Dial」も刷新された。

 speed dial 新しいSpeed Dial

 新規タブではSpeed Dialの他、「Stash」と「Discover」を表示できる。StashはChromeブラウザの「よくアクセスするページ」のように、気に入ったWebページを登録しておけるページ。Webページを開いた状態でアドレスバーに表示されるハートアイコンをクリックすると、そのページが登録される。登録されたページはサイズを変更することもできる。

 stash Stash

 Discoverは文字通り、新しいWebサイトを発見するためのページ。ユーザーが設定した地域やトピックに基づいて、興味のありそうなコンテンツを自動的に収集・表示する。

 discover Discover

 また、Opera 12までのバージョンで提供されている「Opera Turbo」に相当する「Off-Road」モードが備わっている。高速なインターネット環境が確保できない場合、データ圧縮によってページ表示を高速化する。

 off road Off-Road

 Operaの安定版は今後、ChromeやFirefoxと同様に2〜3週間おきにアップデートされる見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -