ニュース
» 2013年08月01日 16時28分 UPDATE

世界初、4Kカメラを宇宙に打ち上げ アイソン彗星撮影へ NHKとJAXA

宇宙用の超高感度4KカメラがISSに打ち上げへ。12月に地球に接近する「アイソン彗星」を、若田光一飛行士が撮影する。

[ITmedia]

 NHKと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙用の超高感度4Kカメラが8月4日、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げられると発表した。12月に地球に接近する「アイソン彗星」を、若田光一宇宙飛行士がISSから撮影する。ISSに4Kカメラを持ち込んで撮影するのは世界初という。

 従来機の8倍を超える超高感度化を行うなど、彗星撮影のために特別な改造を行ったカメラ。4日午前4時48分(予定)に種子島宇宙センターからH-IIBロケットで打ち上げられる補給機「こうのとり 4号機」(HTV4)に搭載してISSに届ける。

 撮影するのは、昨年9月に発見され、12月に地球に接近するアイソン彗星。太陽の間近まで近づくため、大量のちりとガスを吹き出し巨大な“尾”をたなびかせる「世紀の大彗星」になることが期待されているという。

 彗星が接近する12月には、若田飛行士がISSに滞在しており、撮影は若田飛行士が行う予定。「大気の揺らぎのない宇宙は、いわば観測の特等席。地上からは決して見ることができない最高の映像を、最先端のカメラでお届けする」としている。

 撮影した彗星の映像は12月の「NHKスペシャル」などで放送予定。「アメリカ東海岸のきらびやかな夜景の上に輝く巨大彗星、といった息をのむ映像の数々をお届けできるはず」という。

 NHKとJAXAはISSからの撮影に取り組んでおり、2006年には世界初のハイビジョン生中継、11年にはハイビジョン超高感度カメラによる流星やオーロラなどの撮影に成功している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -