ニュース
» 2013年08月01日 18時52分 UPDATE

世界初、宇宙に広告メッセージ JAXAのアンテナから地球外生命体に向け UHA味覚糖

地球外生命体に向けた広告メッセージ発信にUHA味覚糖が挑戦。JAXA臼田宇宙観測所にある宇宙通信用アンテナに社長が登り、新製品の広告を届けた。

[ITmedia]
画像

 UHA味覚糖は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)臼田宇宙観測所(長野県)にある宇宙通信用アンテナを利用し、世界初となる地球外生命体に向けた広告メッセージを7月7日に行った。リフレッシュメント菓子「グミガーム」をプロモーションする「スペースアドプロジェクト」の一環。


 強い弾力性のあるグミガームは、かむことでストレスを発散できるとアピール。超低温・超高温環境で過ごすなど「地球より過酷なストレスをかかえて生活していると思われる」地球外生命体に対して広告を展開した。

 JAXAの許可を得て、「はやぶさ」など深宇宙探査機とデータ受発信を行う日本最大(直径64メートル)の宇宙通信用アンテナ中心部の副鏡に同社の山田泰正社長が自ら登り、日本語で音声で広告メッセージを送った。

 メッセージは、「グミガームは小さな粒ながらかみ応えが抜群で、ストレス発散に絶好の商品」「地球に来ていただき、たまりにたまったストレスを、グミガームを食べることで発散していただければ」など。

 地球外生命体限定のプレゼントキャンペーンも実施。地球先着1人に、衣食住(天王寺近辺のアパートとオーダースーツ、牧場でのキャトルミューティレーション)をプレゼントする。現在は地球外生命体からの反応を、宇宙ファンと共同で追跡しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -