ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2013年08月02日 18時01分 UPDATE

8億7000万画素でとらえたアンドロメダ銀河の写真公開 すばる望遠鏡「世界最強」カメラ“開眼”

アンドロメダ銀河の全体像をまるごととらえ、星1つ1つまでシャープに確認できる写真を国立天文台が公開。すばる望遠鏡に搭載した新型超広角カメラによる試験撮影の成果だ。

[ITmedia]
画像 HSCがとらえたアンドロメダ銀河。3つの波長で各10分露出し、RGBとして合成している。国立天文台のサイトでは3.9Mバイトの高解像度画像を公開している

 国立天文台などはこのほど、すばる望遠鏡に昨年搭載した超広視野主焦点カメラ「Hyper Suprime-Cam」(HSC)のファーストライトとして撮影したアンドロメダ銀河の全体像を公開した。CCD116枚による「世界最強の巨大デジタルカメラ」で、従来の大望遠鏡ではとらえきれなかった広大な画角を丸ごと1視野に収めながら、拡大すると1つ1つの星もシャープに確認できる。観測効率を高め、ダークマター探索に挑む。

 HSCは国立天文台が中心となり、国内外の研究機関とともに10年以上かけて開発。その核となるCCDセンサーは浜松ホトニクスが国立天文台と共同で開発したもので、メイン104枚にオートガイド用4枚と合焦用8枚を加えた116枚で構成し、画素数は計8億7000万に上る。補正光学系はキヤノンが、主焦点ユニットは三菱電機が担当した。

画像

 すばる望遠鏡に当初から搭載されている「Suprime-Cam」は、アンドロメダ銀河の一部(満月よりやや広い視野)のシャープな撮影に成功していたが、HSCにより、満月9個分の広さの天域を一度に撮影可能に。試験観測の一環としてこのほど、アンドロメダ銀河を観測した。

 今後はすばる望遠鏡とHSCを活用し、重力レンズ効果を用いたダークマター分布の直接探査などの観測を進めていく。Suprime-Camでは50年以上かかるという観測計画を5年で実施することが可能になり、「ダークエネルギーの謎に迫りたい」(HSC開発責任者の宮崎聡国立天文台准教授)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.