ニュース
» 2013年08月09日 10時30分 UPDATE

ギャルゲーが電子書籍に ストーリー分岐も楽しめる“分岐型ゲームブック”発売

PC向けアドベンチャーゲームを電子書籍化し、ストーリーの分岐も楽しめる“分岐型ゲームブック”がKindle向けに登場した。

[本宮学,ITmedia]
photo 分岐型ゲームブックの第1弾「limit panic!」。ジャンルは「ヤンデる感じの百合コメディ」(全年齢向け)

 PC向けアドベンチャーゲームを電子書籍として読むことができ、ストーリーの分岐も楽しめる――そんな“分岐型ゲームブック”の第1弾「limit panic!」を、電子書籍ベンチャーのスマートゲート(旧レゴリスイノベーション)が8月9日にAmazon.co.jpで発売した。価格は250円(税込み)。Kindleアプリで楽しめる。

 同社独自の電子書籍生成システム「Books Made」の活用で、PCゲーム内のテキストと画像を電子書籍フォーマットに変換。テキスト内の選択肢から各ページにリンクさせることでストーリー分岐も再現し、結末は数パターン用意しているという。

 第1弾となるlimit panic!の原作は、同人サークルが有料(1050円)で販売しているPC向けゲーム。スマートゲートの後藤康宏代表取締役によると「同人サークルのゲーム作品は1000〜数千円程度のものが多いが、価格を下げてでも多くの人にプレイしてほしいというニーズもある」という。そこで今回、サークルの許諾を得てゲームブック化し、Amazon.co.jpでの発売にこぎつけた。

 ゲーム内の音声は再現されないが、「通常のライトノベルと比べても読みごたえがある作品に仕上がっている」と同社の後藤正憲ビジネス戦略室長は自信をみせる。売り上げの一部は作品提供元のサークルに還元する予定だ。

photo ゲームブック内のテキストと分岐のイメージ

 今後は「月5本のペース」でラインアップを拡充予定。同人作品のほか、メーカー作品のゲームブック化も行っていくという。「世の中には埋もれてしまっているPCゲームがたくさんある。それらを電子書籍にすることで、これまで以上に多くの人の目に触れるようにしたい」と後藤代表は話している。

photo スマートゲートの後藤正憲ビジネス戦略室長、後藤康宏代表取締役(左から)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -