ニュース
» 2013年08月12日 16時58分 UPDATE

“店員が冷蔵庫に入った写真”で閉店に ステーキ店のブロンコビリー「営業再開許されない」

ステーキ店員が冷蔵庫に入って撮影した写真をTwitterに公開したことで騒動になった問題で、運営するブロンコビリーは同店の閉店を決めた。

[ITmedia]
photo ブロンコビリーの発表

 ステーキ店員が冷蔵庫に入って撮影した写真をTwitterに公開したことで騒動になった問題で、店舗を運営するブロンコビリー(名古屋市)は8月12日、「このまま営業再開することは許されない」として同店の閉店を決めたと発表した。店員は既に解雇したが、損害賠償の請求を検討している。

 写真は「足立梅島店」(東京都足立区)のアルバイト従業員が5日に投稿。冷蔵庫に入り込んで撮った写真を「バイトなう」などとコメント付きでツイートしていた。

photo 問題になった写真=一部加工

 同社は6日に謝罪。同店を休業し、写真を投稿したアルバイト従業員を解雇した上で「徹底した店舗清掃・衛生を通じて従業員の再教育をして再開のための準備をしてまいりました」。だが「おいしい料理と気持ちよいサービス、清潔で楽しい店づくり」という企業理念と全社の努力に反した責任は重いとして、「このまま営業再開することは許されないと判断」したとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -