ニュース
» 2013年08月12日 21時42分 UPDATE

Amebaに不正ログイン24万件 メアドや仮想通貨の履歴、不正閲覧の恐れ

今度はAmebaで24万件の不正ログインが発覚。他社サービスから流出したID、パスワードを悪用した不正ログインとみている。

[ITmedia]

 サイバーエージェントは8月12日、ユーザー以外の第三者による「Ameba」サービスへの不正ログインが発覚したと発表した。4月6日〜8月3日にかけ、約24万のIDで不正ログインがあり、メールアドレスや仮想通貨の履歴などが閲覧された可能性があるという。他社サービスから流出したID、パスワードを利用した不正ログインとみており、該当するユーザーにパスワードの変更を呼びかけている。

 8月8日〜11日にかけての社内調査で断続的な不正ログインを発見。24万3266件が対象としているが、今後の調査で増減する可能性があるという。

 閲覧された可能性があるのは、ニックネーム、メールアドレス、居住地域、性別などAmebaに登録されたユーザー情報と、仮想通貨「アメゴールド」「コイン」の履歴情報。これまでに個人情報の流出被害や仮想通貨の不正利用などは報告されていないという。

 警察に被害届を提出したほか、該当するユーザーに不正ログインの事実を伝え、パスワードの変更を依頼するメールを送った。Amebaサービス上にも報告を掲載し、他社サービスと同じID、パスワードを利用しているユーザーはパスワードを変更するよう、また、推測しやすいパスワードを設定しないよう呼びかけている。今後サービスのセキュリティ体制を強化し、再発防止に努めるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -