ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2013年08月15日 10時34分 UPDATE

Samsung、クラムシェルAndroid「SCH-W789」を中国で発表

Samsungが、3.3インチの2枚のディスプレイの一方をテンキーにしたクラムシェルタイプのAndroid端末を中国で発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 789 1

 韓国Samsung Electronicsは8月14日、同社の中国サイトで新Android端末「SCH-W789」を発表した。2画面の折りたたみ(クラムシェル)タイプで、画面の1つをテンキー表示にして従来のいわゆるフィーチャーフォンのように使える。

 中国では4999元(約8万円)で間もなく発売されるが、他の地域で発売されるかどうかは不明。

 Androidのバージョンは4.1(コードネーム:Jelly Bean)で、ディスプレイは3.3インチ(320×480)。500万画素のカメラも搭載し、デュアルSIM(CDMA/GSM)仕様だ。

 789 2
 789 3
「SCH-W789」の主な仕様
機種名 SCH-W789
OS Android 4.1(コードネーム:Jelly Bean)
ディスプレイ 3.3インチ TFT×2(320×480)
CPU 1.2GHzクアッドコア
RAM 1Gバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト)
メインカメラ 500万画素
サイズ 110.85×59.3×18.62ミリ(折りたたみ状態)
重さ 208グラム
バッテリー容量 1500mAh
ネットワーク CDMA/GSM

 クラムシェルタイプのスマートフォンは、フィーチャーフォンからの乗り換えユーザーに受け入れやすそうだ。米調査会社Gartnerによると、第2四半期(4〜6月)の世界におけるスマートフォンの販売台数が、初めてフィーチャーフォンを超えたという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.