ニュース
» 2013年08月26日 13時45分 UPDATE

「2ちゃんねるビューア」ユーザー情報流出 カード情報など約3万2000件の可能性も

「2ちゃんねる」の有料ツール「2ちゃんねるビューア」のユーザー情報が流出したことを運営元が明らかに。氏名・住所やクレジットカード情報などが流出したケースが約3万2000件に上る可能性がある。

[ITmedia]
photo 「2ちゃんねるビューア」サイト

 掲示板サイト「2ちゃんねる」の有料ツール「2ちゃんねるビューア」のユーザー情報が流出したことを同ツール運営企業が8月26日に明らかにした。詳細は明らかになっていないが、氏名・住所やクレジットカード情報など重要情報が流出したケースは約3万2000件に上る可能性がある。運営会社は同ツールへのログインを停止して調査しているという。

 同ツールは通称「●」と呼ばれ、対応する2ちゃんねる専用ブラウザから利用するもの。過去ログの閲覧や、規制対象ホストからの書き込み投稿、プロキシ経由での書き込みなどが行えるのが特徴で、年額3600円から利用できる。

 運営する米N.T.Technologyによると、25日午後11時25分に情報流出について通報があり、45分後の26日午前0時10分にクレジットカードでの申し込みを停止。午前7時50分にはビットキャッシュでの申し込みも停止した。現在は調査のためログインを停止しているという。

 メールアドレス・パスワードと氏名・住所、クレジットカード情報(カード番号、利用期限、セキュリティコード)など重要情報が流出したのは3万2586件に上る可能性がある。また、メールアドレスとパスワードなどの登録情報約15万件が流出した可能性もある。

 2ちゃんねるでは昨夜、「Torを通じて●の個人情報が流出している」というスレッドが立ち、大騒ぎになった。個人情報のほか、スレッドを立てる権限を持つ「キャップ」や、「トリップ」と呼ばれる機能のキー、同ツールを通じて投稿された書き込みログが流出した可能性についても議論されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -