ニュース
» 2013年08月28日 10時06分 UPDATE

「Windows 8.1」のOEM向けRTMがリリース MSDN・TechNetユーザー向けは無し

Microsoftが、次期Windowsアップデート「Windows 8.1」のOEMへのRTM(製造工程向けリリース)提供を開始した。従来はMSDNおよびTechNetの加入者にもRTMを提供してきたが、今回は提供しない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月27日(現地時間)、次期Windowsアップデート「Windows 8.1」および「Windows RT 8.1」のOEMへのRTM(製造工程向けリリース)提供を開始したと発表した。Windows 8.1の一般向けリリースが予定される10月18日には、Windows 8.1搭載のハードウェアが店頭に並ぶことになる。

 Microsoftは従来、MSDNおよびTechNetの加入者にもRTMを提供してきたが、Windows 8.1以降はMSDNおよびTechNet加入者への先行提供はしないという。これらのユーザーも、一般ユーザーと同じ10月18日の正式版を待たなければならない。

 同社は加入者への提供をやめる理由を、Windowsの使用形態の変化(モバイル化や仕事とプライベートの境界がぼやけてきていること)に対応するため、ユーザーに提供する前にハードウェアメーカーとの最終調整が必要になってきたこととしている。

 Windows 8.1は、昨年10月に発売されたWindows 8にとって初のメジャーアップデートになる。ユーザーからのフィードバックを基に、Windows 7のスタートボタンに近い機能の追加やスナップビューの改善、Internet Explorer 11や新しいSkypeなどが追加される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -