ニュース
» 2013年08月28日 20時45分 UPDATE

高速道路のサービスエリアに無料の公衆無線LAN「C-NEXCO Free Wi-Fi」

高速道路のサービスエリアで使える公衆無線LANサービス「C-NEXCO Free Wi-Fi」がスタート。「ソフトバンクWi-Fiスポット」を活用した。

[ITmedia]

 中日本高速道路とソフトバンクモバイルは8月30日から、高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)で誰でも無料で使える公衆無線LANサービス「C-NEXCO Free Wi-Fi」をスタートする。

画像 サービス提供SA・PAで掲示するステッカーのデザイン

 130カ所のSA、PAのフードコートなどにSSID「C-NEXCO Free Wi-Fi」のアクセスポイントを設置。メールアドレスを登録してパスワードを受け取ると、1日15分以内×3回まで無料で利用できる。パスワードは登録から6カ月間有効。

 ソフトバンクモバイルが設置している公衆無線LANスポット「ソフトバンクWi-Fiスポット」を利用したサービスで、顧客の利便性向上と災害時の通信手段の確保が目的としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -