ニュース
» 2013年08月29日 17時29分 UPDATE

富田倫生さんしのぶイベントが9月25日に 青空文庫を支援する「本の未来基金」創設

「青空文庫」の呼び掛け人、富田倫生さんをしのぶイベントが9月25日に開かれる。同イベントと青空文庫の今後の活動を支援するための「本の未来基金」も創設される。

[ITmedia]

 8月16日に死去した「青空文庫」の呼び掛け人、富田倫生(とみた・みちお)さん(享年61)をしのぶイベントが9月25日に東京會舘(千代田区)で開かれる。同イベントと青空文庫の今後の活動を支援するための「本の未来基金」も創設される。

 イベントは、基調講演とパネルディスカッションから成る第1部「青空文庫の夢:著作権と文化の未来」と、富田さんのお別れ会「ありがとう富田倫生さん」の2部構成。第一部のみ特設サイトで事前申込みが必要(定員200人)。

 第一部では、前国立国会図書館長の長尾真さん、ボイジャーの萩野正昭さん、弁護士の福井健策さんの基調講演の後、基調講演者と津田大介さん、劇作家の平田オリザさんなどがパネルディスカッションを行う。第二部は富田さんに献花・献杯し、関係者がスピーチするほか、富田さんの映像や写真を上映する。

 本の未来基金は、青空文庫の理念に共感する個人・企業・団体からの支援を求めて創設。入金口座と運営の詳細は準備中だ。すぐに寄付したい人は、特設サイト内のPayPal口座から振り込める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -