ニュース
» 2013年08月30日 15時37分 UPDATE

WordPress利用サイト改ざん、レンタルサーバ「CPI」が注意呼び掛け

「ロリポップ」に続き「CPI」でも、WordPrssを利用しているサイトへの不正アクセスや改ざん被害が増加。運営元が注意を呼びかけている。

[ITmedia]

 KDDIウェブコミュニケーションズは、レンタルサーバサービス「CPI」で、WordPrssを利用しているサイトへの不正アクセスや改ざん被害が7〜8月にかけて増えているとしてユーザーに注意を呼びかけている。

 同社によると、不正アクセスの多くはIDやパスワードを総当たりで入力するブルートフォース攻撃で行われているほか、脆弱性のある古いバージョンのWordPressを利用していたり、管理パネルやFTPアカウントのパスワードが簡単なものに対して行われているという。

 対策として同社は、平易なパスワードを利用しないこと、WordPressをバージョンアップすること、管理パネルのアクセス制限を行うこと、FTPのパスワードを変更すること──などを案内している。

 8月29日には、paperboy&co.のレンタルサーバ「ロリポップ!レンタルサーバ」で、WordPressを利用したサイトの大規模な改ざんが発覚している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -