ニュース
» 2013年09月04日 16時32分 UPDATE

「FF14」混雑でログイン制限続く 無料期間延長、10時間のメンテナンスで改善へ

想定以上の人気でログイン制限が続いているFF14で、同時ログイン数の上限拡大に向けた10時間にわたるメンテナンスがスタートした。無料期間の延長も行う。

[ITmedia]
画像 スクウェア・エニックスの告知

 スクウェア・エニックスは、想定以上の利用でログイン制限が続いているWindows/プレイステーション 3(PS3)用MMORPG「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(FF14)で、同時ログイン数の上限拡大に向けた10時間にわたるメンテナンスを9月4日朝からスタートした。プレイヤーへのおわびとして、無料期間を7日間延長することも発表した。

 メンテナンスは午前9時にスタートし、午後7時に終了する予定。新規ワールドの追加や、パーティを自動編成する機能「コンテンツファインダー」の負荷分散のための処理を実施し、全ワールドで同時ログイン数上限を拡大できる見込みとしている。

 FF14は、発売翌日の時点で同時接続者数18万7000人を記録するなど当初の想定を大きく上回るプレイヤーが殺到。サーバの許容量を超え、新規キャラクター作成制限やログイン制限を実施する状況が続いていた。


画像 ゲーム画面
画像
画像

 ソフト購入済みのユーザーのログインを優先するため、8月28日からはソフトのダウンロード販売を中断。9月2日ごろまでに再開する予定だったが、9月4日午後4時時点で、公式通販サイトでのダウンロード販売は行われていない。

 同社は「想定を上回るご好評をいだだきながら、プレイ時間等に制限がかかる結果となってしまい、誠に申し訳ございません」と謝罪。今後もサービスの状況をみて、必要なサポートなどを検討していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -