ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年09月09日 19時15分 UPDATE

ドコモ、携帯ユーザーの年齢情報をSNS事業者に通知 まずLINEから

ドコモは、SNS事業者が年齢制限のあるコンテンツを提供する際に、ユーザーがその年齢に達しているかを判定するサービスをスタートする。まずはスマートフォン版LINEで対応する。

[ITmedia]

 NTTドコモは、SNSやブログなどCGM事業者が年齢制限のあるコンテンツを提供する際に、ユーザーがその年齢に達しているかを判定するサービスを9月10日にスタートする。まずはスマートフォン版LINEで対応する。青少年保護の取り組みの一環。

画像

 CGM事業者からの判定リクエストに応じて、ユーザーがあらかじめドコモに申し出ている年齢判定情報を通知する。通知するのはユーザーが指定する年齢に達しているか否かのみで、生年月日や満年齢などは通知しない。

 同機能を利用するためにはユーザーは、ドコモショップなどでユーザー情報を登録した上で、年齢制限のあるコンテンツを利用する際に表示される許諾画面で「通知する」を選択する必要がある。

 まずはLINE向けに提供をスタート。LINEは、未成年ユーザーはID検索機能が利用できないなど、年齢による機能制限がある。ドコモとLINEは昨年5月に協業を発表していた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.