ニュース
» 2013年09月12日 19時52分 UPDATE

ソースコードからアスキーアートまで、テキスト共有「SFコピペ」 SourceForge.JPが公開

アスキーアートやソースコードなどのテキストデータを共有・配布できる「SFコピペ」をSourceForge.JPが公開した。

[ITmedia]

 OSDNは9月12日、オープンソースソフトウェア開発サイト「SourceForge.JP」に、ソースコードや設定ファイルの一部、アスキーアートなどのテキストを共有・配布・公開ができる機能「SFコピペ」を追加した。

photo

 Pastebinなどと同様のテキスト公開機能。テキストファイルを本文領域にコピペし、タイトルと説明を任意で記入。テキストの形式を、プレーンテキスト、アスキーアート、各種プログラミング言語から選び投稿する。

 投稿テキストは行番号付きでシンタックスハイライト(言語設定がある場合)される。個別ページでは、RAW表示やテキストファイルのダウンロード、ブログやWebサイトで利用できるJavaScript/iframeの埋め込みコードの取得が可能。

 Twitter Cardsに対応し、コピペタイトルと説明文、本文をタイムライン上に埋め込めるため、「Twitterの1ツイートの文字数制限を超えるテキストを書くという目的にも利用できる」としている。

 匿名でも投稿可能。ユーザー登録すると、通常は1週間の公開期間を無制限にできたり、非公開で投稿できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -