ニュース
» 2013年10月15日 15時08分 UPDATE

見た動画を“勝手に”ツイートする「Plays Now」に注意 アプリ連携のチェックを

ユーザーが視聴した動画のタイトルなどをツイートする「Plays Now」というアプリによるツイートが急増。よく分からないままアプリ連携を許可してしまうことで、ユーザーが知らないうちにツイートしてしまうケースが多発しているようだ。

[ITmedia]

 ユーザーが視聴した動画のタイトルなどをツイートする「Plays Now」というアプリによるツイートが10月14日ごろから急増している。よく分からないままアプリ連携を許可してしまい、ユーザーが見た成年向け動画などを知らずにツイートしてしまうケースも起きているため、注意が必要だ。

 「Plays Now」は、アプリ連携を許可したユーザーが視聴した動画のタイトルなどをツイートするアプリ。目的など詳細は不明だが、ツイートには先頭に「plays」と入っており、ツイートに入っているURLやタイムラインに表示される動画にアクセスするとアプリ連携画面に誘導されるようになっている。

photo ツイートの例。ツイート中のURLや動画をクリックするとアプリ連携画面に誘導される
photo アプリ連携画面。動画見たさに「連携アプリを認証」をクリックすると、勝手なツイートやプロフォールの更新なども許可することになる

 アプリ連携画面では「Plays Nowがあなたのアカウントを利用することを許可しますか?」と尋ねられ、「連携アプリを認証」ボタンを押すと、同アプリによるツイートやプロフィールの更新などを許可することになる。

photo Yahoo!リアルタイム検索によると、14日夜から急増している

 友人などのツイートによって動画をクリックし、Plays Nowのアプリ連携画面に誘導され、そのままアプリ連携を認めるボタンを押してしまうことで拡散しているようだ。Yahoo!リアルタイム検索によると14日夜ごろから「plays」が急増しており、Twitterのトレンドにも長く入っている。

 連携を解除するには、Twitterの「設定」(Web版では歯車アイコンから)の「アプリ連携」をチェックし、Plays Nowの「許可を取り消す」ボタンを押す必要がある。

 友人がツイートしたものであっても、Twitterのアプリ連携は慎重に行うのが原則だ。Twitterの公式Webサイトでは、「サードパーティのアプリケーションは慎重に選ぶ」と、「アカウントへのアクセスを許可する前に、そのアプリケーションについて十分に調べておきましょう」と呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -