ニュース
» 2013年10月21日 19時08分 UPDATE

ドコモ、開発者向けAPIサイト開設へ 音声認識や雑談対話API公開

スマホ向けサービス開発者にドコモのAPIを利用してもらうためのサイトが11月にオープン。「しゃべってコンシェル」などのAPIを公開する。

[ITmedia]

 NTTドコモは、スマートフォン向けサービス開発者にドコモのAPIを利用してもらうためのサイト「docomo Developer support」を11月11日に公開する。音声エージェントサービス「しゃべってコンシェル」のAPIなど5種類のAPIを公開。開発者はアカウントを登録した上で、希望のAPIを選んで利用申請し、APIキーの発行を受けて利用する。

 公開するAPIは、電話機に向かって発声した音声を認識し、テキスト化する「音声認識」、質問文のテキストをもとにデータベースやWebサイトを検索し、回答をテキストで返す「知識Q&A API」、自然でバリエーション豊かな雑談応答を可能にする「雑談対話」など5種類。雑談対話APIは新開発で、公開は初。

 SDKなど開発支援ツールの提供や、技術的な問い合わせの窓口も設置。開発者を幅広く支援する仕組みを順次、提供していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -