ニュース
» 2013年10月29日 11時20分 UPDATE

JAL国内線に初のネット接続サービス 14年夏から

日本航空は、日本の国内線では初という機内インターネット接続サービスを2014年夏に始める。

[ITmedia]
photo

 日本航空(JAL)は、日本の国内線では初という機内インターネット接続サービスを2014年夏に始める。

 米gogoの衛星接続サービスを採用し、有料で提供。無線LANアクセスポイントと設置し、客が無線LAN対応機器で接続する形になる。

 対象は国内線のボーイング777-200/-300型機、ボーイング767−300/-300ER型機、ボーイング737-800型機の合計77機を予定。詳細は来年1月下旬に公開する。国際線では昨年7月から順次導入している

photo 座席には本革を採用

 同じ77機では来年5月以降、インテリアを刷新。普通席・クラスJ座席に本革を採用し、普通席は足下スペースを現行から最大5センチ拡大する。機内照明のLED化や、ボーイング767-300ER型機へのファーストクラス導入も進める。

photo ファーストクラスも導入

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -