ニュース
» 2013年11月05日 20時57分 UPDATE

Googleのシュミット会長、「米政府がデータセンターに侵入」報道に強い怒り

米政府がGoogleやYahoo!のデータセンターに侵入して大量のデータを取得していたという報道に対し、Googleのシュミット会長は「事実なら強い怒りを覚える」と述べた。

[ITmedia]
photo シュミット会長

 米政府が米Googleや米Yahoo!のデータセンターに侵入して大量のデータを取得していたという報道に対し、Googleのエリック・シュミット会長は「事実なら強い怒りを覚える。違法な可能性もある」と米Wall Street Journalのインタビューに答えた。

 米Washington Postは10月30日、米国家安全保障局(NSA)と英政府通信本部(GCHQ)が合同作戦「マスキュラー」で、GoogleやYahoo!のデータセンターに通信回線を通じて侵入していたと報道。大量の電子メールやユーザ情報を海外のデータセンターにコピーしたという。

 ただ、NSAのキース・アレキサンダー長官は「裁判所命令がなければ企業のサーバにはアクセスできない」と報道を否定している。

 シュミット会長はインタビューで「事実であれば極めて腹立たしい」と述べ、NSAとバラク・オバマ大統領、連邦議会議員に苦情を申し立てたことも明らかにした。

 「悪人は確かに存在するが、それを見つけるために前アメリカ市民のプライバシーを侵してはならない」とシュミット会長は語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -