ニュース
» 2013年11月08日 09時03分 UPDATE

Windows 7版Internet Explorer 11の正式版がリリース

MicrosoftがWindows 7向けIEをバージョン11にアップデートした。向こう数週間中に自動アップデートが実施されるが、ダウンロードすることも可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月7日(現地時間)、Windows 7向けWebブラウザ最新版「Internet Explorer(IE) 11」をリリースしたと発表した。Windowsのページからダウンロードできる。自動アップデートに設定しているユーザーの場合は、数週間中にアップデートされる見込みだ。

 ie 1

 開発者版9月にリリースされたプレビュー版のユーザーも自動アップデートの対象だ。

 IE 11は、10月18日にリリースされた「Windows 8.1」に搭載されたWebブラウザ。Windows 7版は、Windows 8.1版のすべての機能をサポートするわけではないが、Windows 8.1版と同様のページ読み込み速度、HTML5ベースの次世代Webサイトのサポートを実現するとしている(IE 11の新機能については別記事を参照のこと)。

 Windows 8.1にあって、Windows 7版にない機能は、無制限に開けるタブ、米Googleのデータ圧縮技術「SPDY」、最新のメディアストリーミング標準であるMSE(Media Source Extensions)とEME(Encrypted Media Extensions )など。また、Windows 8.1のIE11ではHTML5動画をプラグインなしで再生できるが、Windows 7版ではできない。この他、Windows 8.1のユーザーインタフェースと統合されている機能は利用できない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -