ニュース
» 2013年11月08日 18時54分 UPDATE

DeNAの4〜9月期、営業益17.4%減に 内製・協業タイトル不振で国内モバコイン消費減

DeNAの4〜9月期は海外Mobageの拡大で増収だったものの、国内は内製・協業タイトルの不振でモバコイン消費は前年同期から落ち込んでいる。

[ITmedia]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が11月7日発表した2013年4〜9月期の連結決算(IFRS)は、売上収益は前年同期比2.0%増の998億円だったものの、営業利益は17.4%減の320億円になるなど、減益だった。

 国内のMobageで内製・協業タイトルの不振から仮想通貨「モバコイン」の消費が低迷し、4.7%減の1051億円にとどまった。一方で海外のMobageでは北米を中心にモバコイン消費が増加、増収につながった。

 ただ国内外でゲームタイトル強化を図っていることでコストがかさみ、減益に。最終損益は14.9%減の184億円にとどまった。

 国内でモバコイン消費が落ち込んでいるが、「内製・協業タイトルは1年〜1年半前に提供を開始したものが主力で、そうしたタイトルを中心にコイン消費が減少していますが、ヒットタイトルを出すことでトレンドは変えられると考えている」としている。国内Mobageで年度内に60本の新規タイトル投入を計画しており、「まず60本の中からいくつヒットを出せるかが重要」としている。

 通期の見通しは開示していない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -