ニュース
» 2013年11月11日 09時00分 UPDATE

ミクシィ4〜9月期、最終損失13億5200万円 「いつまでも赤字は出せない」と朝倉社長

ミクシィの4〜9月期は最終損失が13億5200万円に。朝倉社長は「いつまでも赤字を出している状況は絶対に許せない」と、新規事業の成長に期待をかける。

[岡田有花,ITmedia]

 ミクシィが11月8日に発表した4〜9月期の決算は、売上高が前年同期比41.6%減の39億7900万円、営業損益が3億9800万円の赤字(前年同期は16億1200万円の利益)、最終損益が13億5200万円の損失(同15億8300万円の利益)に転落した。朝倉祐介社長は「いつまでも赤字を出している状況は絶対に許せない」とし、新規事業の成長に期待をかける。


画像 課金売り上げ推移
画像 広告売り上げ推移

画像 スマートフォンのアクティブユーザー推移

 グループ全体のスマートフォンサービス(アプリ、Web)の9月のアクティブユーザー数(ほとんどがmixiのもの)は715万人と、6月比で約10%減、前年同月比では36%減少。mixi事業の売上高も激減し、広告売上高は前四半期比70.3%減の8億100万円、課金売上高は同26.1%減の26億5400万円にとどまった。

 課金売り上げの苦戦要因は、ディー・エヌ・エー(DeNA)と共同で展開している「mixiゲーム」が期初の想定を下回ったこと。朝倉社長は「Mobageで提供してから時間が経ったゲームをmixiゲームでも提供しており、ユーザーに響かなかった」ことが原因とみており、下半期には、Mobageと同時リリースのタイトルを投入するなど「鮮度の高いタイトルを持ってくることで、業績拡大に結びつける」としている。

mixiは「オープン化」へ

 11月中旬には「mixiコミュニティ」をWeb検索の対象に。「mixiコミュニティを端緒に、mixiサービス全体をオープンな方向に発展させていく」という。コミュニティのオープン化を通じ、検索サービスなどからのユーザー流入や、広告価値の向上を狙っている。

新規事業に期待 ノハナは50万会員突破

 mixi事業が苦戦するなか、新規事業の成長に期待をかける。10月に公開したスマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」は、iOS版のみで10万ユーザーを獲得。Bluetooth通信を使った4人までのマルチプレイが可能で、「リアルな友人と対面しながら遊べる」ゲームとして、ほかのソーシャルゲームとは一線を画しているという。

 フォトブックサービス「ノハナ」の会員数が50万人を突破。フォトブックを月に1冊無料で届けるためコストもかさんでいるが、追加フォトブックの売り上げも好調とし、今後もプロモーション費用をかけてユーザー拡大に注力していく。

 10〜12月期には、「街コン」イベントを運営するコンフィアンザや、結婚支援サービス「youbride」、出会いサービス「YYC」などを運営するDiverseを買収して連結化。「オンラインで培ってきたノウハウをいかし、オフラインでもつながりを提供していく」という。

人員削減の予定なし 「つながりナンバーワン」に

 同社の朝倉社長は、「上場以来初の通期赤字の見通しを発表しており、じくじたる思いだ。構造的赤字から一刻も早く脱却しなくてはならない」と力をこめ、営業赤字は10〜12月期を底に縮小させていくと述べたものの、具体的なコスト削減策などには触れず、リストラの噂も「一切やっていない」と否定。期末の従業員(正社員)数は自然減のみを見込み、横ばいからやや微減となると述べた。

 「04年のmixi提供開始以来、『すべての人に心地良いつながりを』を掲げてきた。つながりは時代によって姿を変える。mixi内だけでなく外の事業でもつながりを提供し、人々の幸福に貢献できる企業グループを目指したい。“つながりナンバーワン”は自分たちであるという思いでグループ拡大につとめる」(朝倉社長)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -