ニュース
» 2013年11月12日 17時36分 UPDATE

ケンコーコム、処方箋薬のネット販売解禁求め国を提訴

処方箋薬の通販を禁止した厚労省令は違憲・無効として、ケンコーコムが国を提訴。

[ITmedia]

 処方箋薬の通販を禁止した厚生労働省令は違憲として、ケンコーコムは11月12日、国に対し処方箋薬のネット販売が可能であることの確認を求めて東京地裁に提訴した。

 店頭などで市販される大衆薬はネット販売が解禁された一方、医師の処方箋に基づいて薬剤師が調剤する処方箋医薬品については対面販売が必要として、厚労省令(薬事法施行規則等の一部を改正する省令、2009年2月6日施行)でネットや郵送などによる販売を禁止している。

 これに対しケンコーコムは「処方せん医薬品は医者の処方に基づき薬剤師が調剤するものである点でリスクの性質が異なる」とし、海外では郵送による販売が認められているとして同省令は違憲であり、無効と主張している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -