ニュース
» 2013年11月14日 08時52分 UPDATE

AWS、クラウド型仮想デスクトップ「Amazon WorkSpaces」を発表

Amazon WorkSpacesはAWSのEC2上で稼働し、Windows 7環境を提供する。価格はユーザー1人当たり月額35ドル〜75ドルと従来のVDIの半額程度のコストで済む。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon傘下のAmazon Web Services(AWS)は11月13日(現地時間)、クラウド型仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」を発表した。従来の企業向け仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)と同等のサービスを、約半額のコストで提供するという。現在、招待制のプレビューへの申し込みを受け付けている。

 企業は自社内にサーバを持つことなく、AWSのクラウドで従業員にWindows 7の仮想デスクトップ環境を安全に使わせることができるという(Amazon WorkSpacesはEC2上で稼働する)。価格は月額制で、ユーザー1人当たり35ドルから。100Gバイトのストレージ、Microsoft Office Professional 2010、Trend Microのセキュリティソフト、Adobe Reader、Internet Explorer 9、Firefoxなどのユーティリティがインストールされた最高額のプランでも月額75ドルだ。

 amazon 1 AWSのサーバ

 ユーザーはPCはもちろん、Mac、iPad、Kindle Fire、Androidタブレットからアクセスできる。それぞれのクライアントアプリは各アプリストア(iTunes App Store、Amazon Appstore、Google Play)からダウンロードできる。

 amazon 2 Kindle Firedeのクライアント画面

 同社は、クライアントが1000人の場合の1カ月のコストをオンプレミスのVDIと比較した表を公開しており、これによるとオンプレミスの場合のコストが10万ドル以上なのに対し、WorkSpacesは4万ドル程度になっている。

 amazon 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -