ニュース
» 2013年11月16日 07時24分 UPDATE

PS4をiFixitが解剖──換装可能なHDDは2.5インチ

米国で11月15日に発売されたソニーのプレイステーション 4を、ガジェット修理を手掛けるiFixitが解剖し、HDDや部品のメーカーをリポートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 スマートフォンやタブレットの分解リポートで人気の米iFixitは11月15日(現地時間)、米国で同日発売されたソニーの「プレイステーション 4」(PS4)の分解リポートを公開した。iFixitは主に米Appleの製品の修理を手掛ける企業だ。豊富な写真が楽しめるリポートはこちら

 ps4 1 解剖完了の図
 ps4 2

 ソニー・コンピュータエンタテインメントが6月にPS4を初披露した際に換装可能だと認めた500Gバイトの内蔵HDDは、ノートPCなどで採用されている標準的な2.5インチのSATAドライブ。ソニーがFAQページで説明しているように、厚さ9.5ミリ以下で容量160Gバイト以上のドライブであれば換装できる。iFixitが分解した個体のHDDはWestern Digital傘下のHGST製だった。

 マザーボード上にはSCEI製のSoC、CXD90026G(AMD"Jaguar"、8コア+AMDのRadeonベースのGPU)、Samsung Electronics製RAM、Macronix製Flashメモリ、Marvellのイーサネットコントローラー、パナソニックのHDMI通信LSIなどが載っている。

 ps4 3

 恒例の“修理しやすさ”の評価は10点満点の8点。マイナスポイントは、ヒートシンクが電磁シールドプレートと一体化していて冷却ファンの取り出しが困難な点と、電磁シールドプレートが(チーズおろし器のように)鋭利で指を傷つけやすい点。ちなみに、先代の「プレイステーション 3」(PS3)の修理しやすさは7点だった

 PS4の日本での発売は来年2月22日で、価格は4万1979円だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -