ニュース
» 2013年11月21日 09時06分 UPDATE

老舗メディアプレーヤーのWinamp、15年の歴史に幕

90年代末にMP3プレーヤーとして一世を風靡し、今もアップデートされているWindows向けメディアプレーヤーWinampが12月20日にサービスを終了する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 15年の歴史のある音楽プレーヤーソフト「Winamp」が12月20日(現地時間)に終了する。Winampのダウンロードページに11月20日、告知が表示された。

 winamp

 この告知は、最新バージョンであるVer.5.66の公開と同時に表示されるようになった。「Winamp.comと関連するWebサービスは2013年12月20日をもって利用できなくなります。Winamp Mediaプレーヤーもダウンロードできなくなります。それまでに最新版をダウンロードしてください。(中略)15年以上Winampのコミュニティーをサポートしてくださり、ありがとうございました」と書かれている。

 Winampは米Nullsoftが1997年に公開したWindows向けの無料/有料のメディアプレーヤー。MP3プレーヤーとして一世を風靡し、1999年に米AOLに買収された。Android版も公開されている。

 winamp 2 現行バージョンのメインウィンドウ

 サービス終了の理由については特に説明はない。親会社であるAOLは広告事業に注力しており、直近の第3四半期の業績は広告収入の好調で増収増益だった。

 Winampのコミュニティーでは、オープンソース化を望む声などが上がっているが、このコミュニティー自体も12月20日で終了する見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -