ニュース
» 2013年11月21日 13時15分 UPDATE

スーパーコンピュータの省エネランキング、日本の「TSUBAME-KFC」が首位に

スーパーコンピュータのTop500に続いて発表された省エネ性能ランキングGreen500で、日本製として初めて東工大の「TSUBAME-KFC」がトップに立った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米バージニア工科大学は11月20日(現地時間)、半年に1回発表しているスーパーコンピュータの省エネ性能ランキングの2013年下半期版を公開した。東京工業大学が開発した「TSUBAME-KFC」がトップだった。日本のスーパーコンピュータが同ランキングでトップに立ったのはこれが初。

 Green 500は、消費電力当たりの演算処理速度を競うランキング。パフォーマンスは、世界最速コンピュータを決める「Top500」などで公開されたデータを参照しているという。TSUBAME-KFCの消費電力1ワット当たりの演算能力は、4503MFLOPS。2位の米ケンブリッジ大学のWilkesは3631MFLOPSだった。なお、18日に発表された「Top500」で11位にランクインした東京工業大学学術国際情報センターの「TSUBAME 2.5」は3069MFLOPSで6位だった。

 TSUBAME-KFCはNECや米NVIDIAなどが共同開発し、2013年10月に稼働したスーパーコンピュータ。冷却方式として、計算ノードを循環する油性冷却溶媒液の中に計算機システムを浸して冷却する技術と大気冷却を組み合わせており、少ない消費電力で冷却できるよう設計されている。

 tsubame TSUBAME-KFC

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -