ニュース
2013年11月25日 06時10分 UPDATE

NSAはデータ収集目的で5万台のPCをマルウェアに感染させた──オランダ紙報道

米国家安全保障局(NSA)は機密情報収集のために1000人以上のハッカーを雇っており、インターネットに接続する世界中の5万台以上のPCをマルウェアに感染させたとオランダの全国紙NRC Handelsbladが報じた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国家安全保障局(NSA)は機密情報収集のために、世界中の5万台以上のPCをマルウェアに感染させた──。オランダの全国紙NRC Handelsbladが11月23日(現地時間)、元CIA職員のエドワード・スノーデン氏が同紙に提供した文書の情報として、こう報じた

 NSAはこうした攻撃のために1000人以上のハッカーを雇い、「TAO(Tailored Access Operations)」と呼ぶ部隊を編成しているという。マルウェアに感染させたPCには「CNE(Computer Network Exploitation)というツールをインストールし、情報を収集しているとしている。

 nsa CNEやFORNSAT(NSAが情報収集に利用しているといわれる衛星)の分布を示すNSAのものとみられるスライド(資料:NRC Handelsblad)

 米Washington Postも8月の報道でTAOの存在に触れている。Washington Postの報道では、2008年時点にTAOがマルウェアを仕込んだPCは2万台と見積もられていた。NRCはこれが2012年半ばに5万台に増加したとしている。

 NRCはNSAにコメントを求めたが、NSAはこれを拒否した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -