ニュース
» 2013年12月10日 10時38分 UPDATE

Google+利用のソーシャルディスプレイ広告「+Post」、Toyota USAなどのβ参加でスタート

Google+ページを持つ企業は、Google+の投稿を数クリックするだけで「Googleディスプレイ広告」としてAdWordsネットワーク上のWebサイトに表示できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月9日(現地時間)、ソーシャルディスプレイ広告「+Post」を発表した。AdWordsユーザー向けサービスで、Google+の投稿を「Googleディスプレイ広告」の広告としてネットワーク上の200以上のWebサイトに表示するというもの。Toyota USAやRitzなどがクローズドβに参加しており、現在βテストへの申し込みを受け付けている。

 +Postのディスプレイ広告は、Google+の投稿と同じフォーマットになっており、広告に興味を持った訪問者とのコミュニケーションが可能だ。訪問者が+Postのディスプレイ広告にカーソルを合わせると別ウィンドウで拡大表示され、広告へのコメントや「+1」の投稿、用意されている場合はハングアウトへの参加が可能だ。

 plus ad 1 +Post広告の例(右上)
 plus ad 2 カーソルを合わせて表示するウィンドウ。直接コメントを入力できる

 Googleの説明によると、Google+の投稿を数クリックで+Post広告にすることができる。クローズドβ参加企業による実験段階では、一般のマルチメディア広告よりも広告が拡大表示される率が50%高いという。

 なお、Google+では米Facebookと同様に企業が企業アカウントを作って投稿できるが、今のところGoogle+内にはディスプレイ広告や米Twitterのプロモ広告に相当する広告機能はない。

 plus ad 3 Toyota USAのGoogle+ページ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -