ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年12月12日 18時29分 UPDATE

お正月は「3Dプリンタ年賀状」 立体モデルを作って郵送できるサービス

干支のオブジェや福笑いなどの3Dモデルデータをダウンロードできるサービスが始まった。3Dプリンタで出力して立体年賀状として郵送可能だ。

[ITmedia]

 干支のオブジェや福笑いなどの縁起物を3Dプリンタで印刷して郵送できる――そんな「3Dプリンタ年賀状」サービスをティービーが始めた。

photo

 同社が運営する年賀状サイト「年賀状プリント決定版」の新メニューとして提供。2014年の干支である馬のオブジェ、福笑い、迷路などの3Dモデルデータの無料ダウンロードサービスを提供し、市販の3Dプリンタで造形できるようにする。作成した造形物は「実際に郵送できますので、インパクトのある年賀状を送ることができる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.