ニュース
» 2013年12月25日 17時32分 UPDATE

元日午前0時の「あけおめ」通話/メールは控えて 「ウマから最初のお願い」TCAが呼び掛け

元日午前0時から約2時間の「あけおめ」通話、メールを控えるよう電気通信事業者協会が呼び掛けている。

[ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)と各携帯電話事業者は、大晦日から元日にかけての約2時間に「おめでとう」通話/メールを控えるよう、「ヘビから最後の、ウマから最初のお願い」として呼び掛けている。

photo

 新年を迎えた1日の午前0時前後からの約30分間は、通話やメールの送受信が集中しケータイやスマートフォンがつながりにくくなると予想され、特にメールに関しては約2時間にわたり配信遅延が発生する可能性があるという。

 「携帯電話・PHS事業者としては、できるだけ多くの『おめでとう』のメッセージを届ける」が、やむをえず一時的に利用を制限する場合もあり、時間をずらして利用するよう呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -