ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2014年01月07日 17時52分 UPDATE

「もんじゅ」施設内PCがウイルス感染 情報漏えいの可能性

高速増殖炉「もんじゅ」施設内の事務用PC1台がウイルスに感染し、情報の一部が外部に漏えいした可能性があることが分かった。

[ITmedia]

 日本原子力研究開発機構は1月6日、高速増殖炉「もんじゅ」施設内のPC1台がウイルスに感染し、情報の一部が外部に漏えいした可能性があると発表した。原因と影響は調査中という。

 ウイルスに感染した疑いがあるのは、発電課当直員が使用する事務処理用PC1台。2日に外部へ向けた不信な通信が発見されたため、ネットワークから切断して通信状況を調査した結果、ソフトウェアのアップデート時に何らかの方法でウイルスに感染させられた可能性があり、2日午後3時2分から午後4時35分のあいだに外部サイトと通信し、情報が漏えいした可能性があるという。

 感染したPCに格納されていた情報は、発電課当直員の教育・訓練報告書や予定表、組織変更の関係資料、メールデータなど。プラントの運転制御・監視とは無関係で、核不拡散・核セキュリティ上重要な情報がなかったことは確認済みとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.