ニュース
» 2014年01月07日 17時55分 UPDATE

パナソニックとMozilla、スマートテレビ向けFirefox OS開発推進で提携 HTML5を全面採用

パナソニックとMozillaがスマートテレビへのFirefox OS搭載で提携。HTML5を全面的に採用したオープンなスマートテレビプラットフォームの構築を進める。パナソニックは同OS搭載テレビを商品化する計画。

[ITmedia]

 パナソニックとMozillaは1月7日、次世代スマートテレビに搭載するオープンプラットフォームとしてFirefox OSを採用し、開発を推進する包括的なパートナーシップを締結したと発表した。HTML5などWeb標準技術を全面的に採用し、家庭用テレビで放送やネットからさまざまなコンテンツを利用できるオープンなスマートテレビの商品化を目指す。

 ハードウェアをHTML5で制御することで、ネットワーク上のコンテンツとハードの連携を1つのアプリケーションで容易に記述できるようになるという。アプリ開発者はネットや放送のコンテンツを利用した新しいアプリやサービスを自由に開発でき、またハード制御用Web APIを使い、テレビから家電などの操作も可能になるとしている。

 操作メニューや番組ガイドなどもHTML5で記述することで、PCやスマートフォンなどからもスマートテレビを操作できるようになる。ニーズに応じてテレビ側のユーザーインタフェースをカスタマイズしたり、購入後に新機能を追加するといったことも可能としている。

 パナソニックはFirefox OSを採用したスマートテレビを商品化する計画。日本国内での同プラットフォームの普及活動にも取り組む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -