ニュース
» 2014年01月09日 18時41分 UPDATE

LINE、迷惑電話対策アプリ「LINE whoscall」Android版無料公開 知らない番号の発信元表示

LINEは、知らない番号からの電話、SMSの発信元情報の表示や着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」(Android版)を公開した。

[ITmedia]
画像

 LINEはこのほど、知らない番号からの電話、SMSの発信元情報の表示や着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」(Android版)の無償提供を始めた。イエローページなどで公開された電話番号などのデータベースを基に発信元を表示。迷惑電話の可能性がある着信を確認できる。

 台湾Gogolookが開発した「whoscall」のユーザーインタフェースを、LINEユーザー向けにカスタマイズしたアプリ。台湾、香港、インドネシア、マレーシアなど8カ国のGoogle Playで「Google Best Apps 2013」に選ばれたという。

 イエローページなどで企業や店舗などが一般に公開している電話番号を中心に世界6億件以上の電話番号を収録したデータベースと、ユーザーから報告された迷惑電話番号のブラックリストを活用し、知らない番号からの電話、SMSを着信時に自動判別して画面に表示、ワンタップで着信拒否できる。

 アプリとスマートフォンのアドレス帳を連携させ、知人からの着信を識別。公開当初はLINEとの連携機能はなく、LINEを利用した無料通話やトークは対象外となる。日本国内の利用では、アドレス帳内のデータをLINEやGogolookのサーバで収集することはないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -