ニュース
» 2014年01月10日 12時46分 UPDATE

「そう簡単に黒字にはさせません」 「ニコニコ超会議3」、横綱ら力士250人「大相撲超会議場所」も

“「ニコニコ動画」を地上に再現する”イベント「ニコニコ超会議3」は4月末に開催。発表された企画第1弾には現役力士による「大相撲超会議場所」や台湾ユーザーとのリアルタイム交流などが登場。

[山崎春奈,ITmedia]

 ドワンゴは、“「ニコニコ動画」を地上に再現する”イベント「ニコニコ超会議3」を4月26〜27日の2日間、千葉・幕張メッセで開催する。約10万人が来場した昨年の勢いをそのままに、今年は横綱を含む現役力士250人が出場する「大相撲超会議場所」などの大型企画も用意。イベントとしては2年連続で赤字だったが、今年のそろばんはいかに。

photo 「ニコニコ超会議3」キービジュアル
photo 横綱・白鵬関が登場すると、本人が戸惑うほどの大盛り上がり

 3年目を迎える今年、新たな目玉企画として総勢250人以上の現役力士による「大相撲超会議場所」を両日会場内で開催する。実際の取り組みを会場や生放送で観戦できるほか、朝げいこの公開なども予定しているという。より至近距離で楽しめる「砂かぶり席」「椅子席」の限定販売も行う。

 会見には、横綱・白鵬関が登場。「自分の取り組みを使った映像、見てます」と自身もユーザーであることを明かし、「新しい時代の到来に興奮している、若い方にぜひ相撲の迫力を楽しんでもらえれば。春場所でもしっかり活躍し、万全の状態で挑みたい」と意気込んだ。

photo 2011年「五月技量審査場所」生放送の様子

 川上量生会長によると、テレビ中継のなかった2011年「五月技量審査場所」の生放送が延べ約160万人に視聴されたことや、力士の取り組みを使った動画が人気があることを踏まえ、何かコラボできないかと打診したところ「せっかくなら実際に現場で、となってびっくり」とのこと。「『どんなイベントか本当に分かってるんですか?』って何度も聞いたんですが今のところ大丈夫なようなので……もう先に発表しちゃいます」(川上会長)

 協賛・出展企業は合わせて69社がすでに決定。昨年に続き「超特別協賛」する任天堂を始め、ファミリーマート、KDDI、KADOKAWA、アデランス、コクヨなどが名を連ねる。「大相撲超会議場所」の企画協賛には、不動産サービス「SUUMO」とかけ、リクルートが決定した。昨年に引き続き、総務省、経済産業省の後援を予定しているほか、千葉市の全面バックアップも受けるという。

photo 任天堂 宮本茂専務。胸元には赤と黄のピクミンが

 会見には、サプライズゲストとして任天堂の宮本茂専務が胸元にピクミンを付けて「今年も協賛させていただきます」と登場。大歓声と全国の視聴者による弾幕の中、「ユーザーのみなさんの邪魔にならないよう、一緒に楽しみたい」と笑顔で話した。

 ニコニコは海外でも大人気――ということで、初の海外との交流企画「超ニイハオ台湾」も。会員数60万人(昨年12月時点)を超える台湾で同日同時刻に開催されているイベントと生中継でつなぎ、映像や言葉によるコミュニケーションや会場を一体とした大合奏に加え、直接“触れ合える”仕掛けも考えているという。

 さらに、“超会議の後夜祭”「ニコニコ超パーティーIII」の第2弾出演者として、陸上自衛隊中央音楽隊の出演も発表された。ニコ動ユーザーに“ラスボス”と親しまれ、自身でも動画をアップロードしている小林幸子さんに続く決定となり、今後も続々追加予定という。

photo 夏野剛取締役(左)と川上量生会長

 昨年、一昨年と赤字の続いている同イベント。今年は黒字の算段はあるのかという問いには「その気持ちはあるんですけどね! まだまだまだいろいろありそうなのでわかんないですね。……去年の8800万もかなり頑張ったと思うんですが」(夏野剛取締役)「まぁ、そう簡単に黒字にはさせません」(川上会長)と答えた。

ニコニコ超会議3

会場:幕張メッセ国際展示場1〜8 ホール

開催期間:2014年4月26日(土)10:00〜18:00、27日(日)10:00〜17:00

一般入場券:前売り1500円/当日2000円、2日間通し券2500円(前売りのみ)

優先入場券:一般入場口とは別の「優先入場口」から入場できる数量限定チケット。前売り1600円、2日通し券2700円(前売りのみ)

大相撲超会議場所観戦券(入場券):大相撲専用入口から入場。大相撲観戦&豪華お土産付き「砂かぶり席」1万2000円、いす席5000円 抽選販売/両チケットともに日付指定券


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -