ニュース
» 2014年01月17日 11時02分 UPDATE

「BookLive!」の電子書籍リーダーでWindowsがフリーズ DRM技術に問題

「BookLive!」の電子書籍リーダーをインストールしたPCで特定のソフトを利用すると、Windowsがフリーズする恐れがあることが判明。改善版の開発を進めている。

[ITmedia]

 凸版印刷グループで電子書籍ストアを運営するBookLiveは1月16日、PC向け電子書籍リーダー「BookLive!Reader for Windows PC」をインストールしたPCで特定のソフトを利用すると、Windowsがフリーズする事象が報告されていることを明らかにした。改善版の開発を進めている。

 同ソフトが採用しているサイファー・テック製DRM技術内のモジュール「cymon.sys」が原因。cymon.sysがインストールされている環境で、「Visual Studio」や「CyberLink PowerDVD」で特定の動作を行うと、Windowsがフリーズしたり、フリーズ直前に書き込みを行っていたファイルの内容が破損するケースがあるという。

 サイファー・テックによると、この問題はBookLive!Reader for Windows PCのほか、DMM.comの「DMM電子書籍ビューア」(Windows版)、同社のPDF向けライセンス管理ソフト「CypherGuard PDF」などでも起きるという。「当社製品・技術の不具合により特定環境で生じる問題で、一部のブログやSNS等で記載されているような、不正かつ有害な動作を行う意図で作成されたマルウェア等に類するものではない」としている。

 BookLive!Reader for Windows PCとDMM電子書籍ビューアは、最新版に更新すれば、インストールしているだけで問題が発生する状況は回避できるが、両製品でコンテンツを閲覧した場合は再び問題が発生する可能性があるという。サイファー・テックは「急ぎ改善策を講じる」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -