ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2014年01月23日 18時42分 UPDATE

ソニー、ゲノム情報プラットフォーム構築へ新会社 メディカル事業拡大の一環

ソニーは、ゲノム研究を支援する新会社を2月下旬までに設立すると発表した。「将来の事業の柱の1つ」とし、ゲノム情報を利用したサービスの提供も検討していく。

[ITmedia]

 ソニーは1月23日、ゲノム研究を支援する「ゲノム情報プラットフォーム」を日本で立ち上げるため、関連会社のエムスリー、米Illuminaと協業し、2月末までに新会社「P5」(ピーファイブ)を設立すると発表した。

 新会社ではゲノム解析サービスを提供し、関連する医療・健康情報と共に蓄積することで、ゲノム情報を利用した研究を支援する。将来的に、ゲノム情報を個人の医療やヘルスケアに役立てるサービスプラットフォームの構築も検討するという。

 ソニーの斎藤端執行役EVPは「メディカル事業は将来の事業の柱の1つとして育成していく。日本の医療の発展に資するゲノム研究支援を可能にし、将来的には医療分野での新たなサービスプラットフォームを構築したい」としている。

 新会社の資本金は1億1875万円。社長にはソニーの大塚博正氏が就任する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.