ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2014年01月27日 11時44分 UPDATE

Microsoft、AWSの値下げに対抗し、Windows Azureのストレージを値下げ

Microsoftが昨年4月の約束通り、AWSのEBSとS3の値下げ発表に対抗し、BLOBとストレージトランザクションを値下げすると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月24日(現地時間)、先週米Amazon.com子会社のAmazon Web Services(AWS)がEBSとS3を値下げすると発表したことを受け、Windows Azureのストレージを値下げすると発表した。

 Microsoftは昨年4月、Amazon対抗のIaaS「Windows Azure Infrastructure Services」を正式リリースした際、コンピューティング、ストレージ、帯域幅などのサービスの価格でAWSに対抗すると約束していた。

 AWSは、2月1日から、EBSスタンダードボリュームストレージおよびI/Oオペレーションの料金を最大50%、S3ストレージの料金を最大22%値下げする。

 Microsoftの24日の発表によると、AWSのEBSに相当するページBLOBを最大20%、AWSのS3に相当するブロックBLOBを最大28%値下げし、さらにストレージトランザクションの料金も50%値下げするという。こちらの新価格は3月13日から適用される見込みだ。価格表にはまだ新料金は表示されていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.