ニュース
» 2014年01月30日 17時28分 UPDATE

JAL、国内線に機内Wi-Fi導入 ネット接続は400円から、無料でコンテンツ配信も

JAL国内線に機内インターネット接続サービスが7月から導入される。有料でインターネット接続が可能になるほか、無料でも手持ちの機器で各種コンテンツを楽しめる。

[山崎春奈,ITmedia]

 日本航空(JAL)は1月30日、機材刷新プロジェクト「JAL SKY NEXT」の一環として、国内線機内での無線LAN接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を7月から順次開始すると発表した。国内線での導入は初となる。

photo 無料で楽しめるコンテンツも

 航空機内にWi-Fi環境を導入し、手持ちのタブレットやスマートフォンをつなぐとスポーツやグルメ、アニメなど各ジャンルのコンテンツを楽しめる。観光情報誌「るるぶ」とコラボし、到着先の観光情報の紹介や現地で使えるクーポンも配信する。国際線よりも搭乗時間が短いため、短尺のコンテンツを中心にそろえるという。

photo 初回のみ会員登録が必要。決済はクレジットカード

 通常のインターネット接続は有料で提供。米gogoの衛星通信サービスを利用し、30分あたり400円の時間制プランと、時間制限のないフライトプランの2種類の料金体系を用意する。フライトプランの場合、飛行距離と利用デバイスによって料金が異なり、450マイル以下(東京〜大阪など)はスマートフォン向け500円/タブレット&PC向け500円、451〜650マイル(東京〜福岡など)はそれぞれ500円/700円、651マイル以上(東京〜沖縄など)は700円/1200円。

 利用できるのは国内線のボーイング777-200/-300型機、ボーイング767-300/-300ER型機、ボーイング737-800型機の計77機を予定。今年7月から2016年前半にかけて順次導入していくという。

 合わせて、機内のインテリアを刷新。普通席も含めた全シートに本革シートを採用すると共に、シートのスリム化によりひざ周りを中心にゆとりも拡大し、高級感と座り心地を追求した。機内照明はLED化し、季節や時刻に合わせた全12色から変化し、くつろぎの空間を演出するという。

photo 本革を採用した新シート
photo LED照明は全12色に変化

 植木義晴社長はWi-Fiサービスの開始にあたって、「忙しいビジネスマンの方に喜んでもらえるのはもちろん、国際線と異なり各座席にモニターがなくフライト時間の短い国内線でも、それぞれの好みに合わせてより快適に楽しんでもらえるようになった。空の旅の“次のスタンダード”を作るつもりで、今後もサービスの拡充に取り組んでいく」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -