ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2014年01月31日 16時30分 UPDATE

TSUTAYA、書籍・雑誌の販売額が過去最高に 代官山発「蔦屋書店」も全国展開

「TSUTAYA」「蔦屋書店」の13年の書籍・雑誌販売総額が過去最高を更新。

[ITmedia]

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は1月31日、全国の「TSUTAYA」「蔦屋書店」で昨年の書籍・雑誌販売総額が1130億円と過去最高になったと発表した。書店チェーンとしては国内最大としている。

photo 書籍・雑誌年間販売額と店舗数の推移

 販売総額は前年比では3%増。03年から展開するカフェ併設型の売り場の充実や、Tカードユーザーへのデータベースマーケティングが購買拡大につながっているという。

 店舗数は13年時点で前年同期比44店舗増の742店舗に。郊外の超大型店舗が好調のほか、「代官山 蔦屋書店」を起点とした新ブランド「蔦屋書店」の全国展開もスタートし、北海道函館市と千葉県・幕張に出店し、今年以降も販売額の拡大を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.