ニュース
» 2014年02月04日 19時32分 UPDATE

「パズドラ」乗っ取り事件、公式の投稿窓口を悪用する手口 「コード」他人に教えないよう注意喚起

「パズドラ」で少年2人が他人のアカウントを乗っ取ったとする事件についてガンホーは、「サーバへの不正侵入などの形跡は一切確認していない」と発表した。

[ITmedia]

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2月3日、「パズル&ドラゴンズ」で他人のアカウントを乗っ取ったとして、少年2人が不正アクセス禁止法違反の疑いで書類送検された事件について、「サーバへの不正侵入などの形跡は一切確認していない」と発表した。

 大阪府警は2日、不正アクセス禁止法違反の疑いで高校生2人を書類送検した。2人は大阪府内の男性ユーザーのアカウントを乗っ取り、データを自分のスマートフォンに移していたという。

 同社によると、乗っ取りは「悪意を持った第三者が弊社の投稿窓口を悪用して、ゲームデータ所持者になりすました結果」という。投稿窓口をどのように悪用したのかは明らかにしていない。

 また、この件とは別に、ユーザーが機種変更した際のデータ転送に必要な「機種変コード」や、ユーザーサポート時に必要な「秘密のコード」を、悪意を持った第三者が何らかの手段で本人から聞き出し、ゲームデータを乗っ取る手法も確認しているという。

 ユーザーに対しては、各種「コード」を不用意に他人に教えたり公開しないよう注意喚起するとともに、「他人になりすましてゲームデータを盗むことは犯罪行為になるので絶対におやめください」と呼びかけている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -