ニュース
» 2014年02月05日 05時15分 UPDATE

Microsoftの新CEOはサトヤ・ナデラ氏 ゲイツ会長は退任してCEOのサポート役に

8月に退任を発表したスティーブ・バルマーCEOの後任は、Microsoft歴22年の技術畑のベテラン、サトヤ・ナデラ氏に決まった。ビル・ゲイツ氏は会長を退き、同氏をサポートする「テクノロジーアドバイザー」という役職に就く。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月4日(現地時間)、サトヤ・ナデラ氏(46)を新CEOに指名したと発表した。また、ビル・ゲイツ氏は会長を退任し、ナデラ氏をサポートする「テクノロジーアドバイザー」になる。ゲイツ氏の後任は取締役で元Symantec会長のジョン・トンプソン氏。

 satya 1 Microsoftの公式サイトには新CEOページが設けられた

 ナデラ氏は即日CEOに就任した。Microsoftにとって、ビル・ゲイツ氏、スティーブ・バルマー氏に次ぐ3人目のCEOになる。同氏は取締役にも就任した。

 satya 2 Microsoftが用意したナデラ氏の画像

 ナデラ氏は1992年に米Sun MicrosystemsからMicrosoft入りし、サーバ部門、ビジネスソリューション部門などを経て、2008年2月にオンラインサービス部門の上級副社長としてBingの立ち上げや米Yahoo!との提携を手掛けた後、2011年にサーバ&ツール部門社長に就任。昨年7月の「One Microsoft」を掲げた大組織再編でクラウド&エンタープライズエンジニアリング部門の上級副社長に就任した。

 ナデラ氏は公開書簡で「CEO就任に当たり、ビル(ゲイツ氏)にこれまでよりも多くの時間を会社のために提供して欲しいと頼んだ」と語った。ゲイツ氏は会長は退任するが、テクノロジーアドバイザーとして、ナデラ氏がMicrosoftのテクノロジーと製品の方向性を形成することをサポートしていく。

 ゲイツ氏は発表文で「変革期にあるMicrosoftにとって、サトヤ・ナデラ以上にリーダーにふさわしい人物はいない。同氏は筋金入りのエンジニアリング技能を持ち、ビジネスビジョンも人をまとめる力も兼ね備える実績のあるリーダーだ」と語った。

 昨年8月にバルマー氏がCEO退任を発表して以来、同社はトンプソン氏を委員長とする特別委員会を設置して内外から次期CEOを探してきた。候補としては、ナデラ氏の他、Nokiaのスティーブン・エロップCEO(当時)や米Fordのアラン・ムラーリーCEOの名も挙がっていた。

 前CEOのバルマー氏は、少なくとも次の株主総会までは同社の取締役にとどまる。同氏はMicrosoftの株式の約4%を保有している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -