ニュース
» 2014年02月05日 20時14分 UPDATE

ATM内部データを不正取得、預金引き出し 保守委託先の元社員逮捕

横浜銀行のATMの内部情報を取得し、キャッシュカードを偽造して預金を不正に引き出していた疑いがあるとして、保守管理を委託されていた富士通フロンテックの元社員が逮捕されていたことが分かった。

[ITmedia]

 横浜銀行のATMの内部情報を不正に取得し、キャッシュカードを偽造したとして、神奈川県警は2月5日、支払い用カード電磁的記録不正作出などの疑いで、保守を委託されていた富士通フロンテックの元社員(46)を再逮捕した。男は数千万円を引き出していた疑いがあるとみられ、県警が窃盗事件として調べている。

 富士通フロンテックと、同社に業務委託していたNTTデータは2月5日、それぞれ謝罪した。

 横浜銀行などによると、男はATM保守管理業務上のソフトウェアトラブル解析作業の際、ATMを利用した顧客のカード情報を不正に取得し、キャッシュカードを偽造した。カード情報を不正取得したのはキャッシュカード80口座とクレジットカード52口座で、横浜銀以外の口座だったという。

 男は約50口座から約2400万円を引き出した疑いがあり、県警は昨年男を逮捕。横浜銀は12月に県警から連絡を受け、NTTデータ、富士通、富士通フロンテックと捜査に協力していたという。

 保守管理はNTTデータが横浜銀から委託を受けたもので、NTTデータがATMベンダーの富士通に再委託し、富士通グループの富士通フロンテックが担当していた。被害範囲は特定され、再発防止策を高じているため、今後同様の手口の被害の発生はないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -