ニュース
» 2014年02月06日 15時21分 UPDATE

Twitter“診断系”スパムDMに注意 「ジブリキャラ診断」「この画像何だか分かる?」拡散

「ジブリキャラ診断」など、診断サービスをかたるスパムDMがTwitterで出回った。Twitter連携アプリを認証させ、同じ内容のDMをフォロワーに送りつける仕組みだ。

[ITmedia]
画像 ジブリキャラ診断。DMだけでなくツイートも出回った

 URL付きのスパムDM(ダイレクトメッセージ)がここ最近、Twitterで出回っている。ツイートに含まれるURLをたどってTwitterアプリを認証すると、同じ内容のスパムDMをフォロワーに送りつける仕組み。「○○診断」など診断系サービスをかたる例が多く、不用意なアプリ認証には注意が必要だ。

 2月2日ごろから「ジブリキャラ診断」をかたるDMが、5日ごろからは「この画像何だか分かる!?!?」と画像を見せ、分かったスピードによって芸術家レベルが分かる、などという内容のDMが出回った。

画像 「この画像何だか分かる!?!?」は、DMからツイートURLに誘導し、ツイートからアプリ認証URLに誘導していた

 仕組みは、同時期に広まった「Mステでポロリ」などのスパムツイートや、昨年10月に流行した「Plays Now」と同様で、DM内のURL経由でTwitter連携アプリを認証させ、フォロワーにスパムDMを送りつけたり、スパムツイートを自動投稿したり、スパムアカウントを自動フォローする。

 「ジブリキャラ診断」「この画像何だか分かる!?!?」から誘導されるURLについては、Twitterがスパムと認定したようで、2月6日午後3時時点でクリックすると、「あなたが訪問するサイトは、安全ではない可能性があります」と警告が表示されるようになっている。

画像 Twitterの警告

 ただスパム事業者は、URLやツイート内容を変えて似たようなスパムを作成する可能性も高い。最近騒動になった「Mステでポロリ」といったスパムツイートの拡散と同様、不審なDMや怪しいツイートのURLはクリックしない、Twitterアプリの連携は不用意に許可しない――といった自己防衛が重要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -