ニュース
» 2014年02月12日 12時47分 UPDATE

ドライバーの“やりたい操作”を推定する車載インタフェース、三菱電機が開発

ドライバーが実行したい操作を推定する「先回りエージェント」を三菱電機が開発した。

[ITmedia]

 三菱電機はこのほど、ドライバーが実行したい操作を推定する「先回りエージェント」と、1回の音声入力で操作ができる「タッチ&ボイスHMI」(ヒューマンマシンインタフェース)を開発したと発表した。2018年以降に実用化を目指す。

画像

 先回りエージェントは、ドライバーの操作履歴や運転履歴などをもとに、行き先検索や電話などドライバーが行いたい操作を推定して上位3つの候補を表示するシステム。これとタッチ&ボイスHMIの組み合わせで、ドライバーは車載機器に対し2回以内/15秒以内のアクションでやりたい操作ができるようになるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -