ニュース
» 2014年02月12日 12時50分 UPDATE

「三角縁神獣鏡チョコ」が福井市の博物館で鋳造される

バレンタインデーを前に、「三角縁神獣鏡チョコ」を“鋳造”するワークショップが2月11日、福井市立郷土歴史博物館で開かれた。

[ITmedia]

 2月14日のバレンタインデーを前に、「三角縁神獣鏡チョコ」を“鋳造”するワークショップが11日、福井市立郷土歴史博物館で開かれた。図書館のTwitterに掲載されたチョコ画像は本物のようにリアルで、注目を集めている。


画像
画像

 ワークショップは昨年に続いて二度目。古墳時代の鏡「三角縁神獣鏡」のレプリカを作る型にチョコレートを流し込み、原寸大(直径20センチ)の銅鏡型チョコを作るワークショップで、一般から参加者を募集して実施した。今年は「11枚の三角縁神獣鏡チョコが無事に鋳造された」という。ワークショップは来年も行う予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -