ニュース
» 2014年02月13日 12時51分 UPDATE

「怪しいけど使った」ECサイト、約半数でトラブル発生

怪しいECサイトを使ってしまったユーザーの約半数は何らかのトラブルに遭遇している――という調査結果。

[ITmedia]
画像

 ECサイトの中には運営元が明らかでないなど怪しいものもあるが、そんなサイトを使ってしまったユーザーの約半数は何らかのトラブルに遭遇しているようだ。BBソフトサービスがそんな調査結果を発表した。

 「危険あるいは怪しいと感じたサイトはありますか?」という質問に対し、約4割が「ある」と回答。その内容は「日本語の表記がおかしい」(51.8%)や「商品がありえないくらい安い」(49.2%)といったものが多かった。

 また、そうしたサイトを実際に使ったことがあるユーザーの45.0%は「トラブルがあった」と回答。その内容としては「違う商品が届いた」「偽物の商品が届いた」「代金は払ったのに商品が送られてこなかった」などが挙がっていた。

 調査はネットショッピングやクレジットカード決済の経験がある20〜60代の男女500人に対して実施した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -