ニュース
» 2014年02月13日 16時37分 UPDATE

KDDI、au IDと連携した電子マネー「au WALLET」開始へ 1兆円規模の流通目指す

au IDと連携し、オンライン/オフライン問わず利用できる電子マネーサービス「au WALLET」が5月に始まる。16年度までに1兆円規模のマーケットの創出を目指す。

[ITmedia]

 KDDIは2月13日、au IDと連携した電子マネーサービス「au WALLET」を5月に開始すると発表した。オンライン/オフラインを問わず利用できるのが強みとし、16年度までに流通規模1兆円のマーケット創出を目指す。

photo

 「au WALLET」は、オンラインでのデジタルコンテンツの購入やECに加え、リアル店舗でも使える新しい電子マネーサービス。au IDと連携し、購買額や携帯電話の月額使用料などに応じてポイントが加算される。

 子会社のウェブマネーが展開する電子マネーサービス・WebMoneyとクレディセゾンの協業によるMasterCardプリペイド決済システムを使用し、国内外の約3600万店舗で利用可能。位置情報などのビッグデータを活用し、リコメンド機能などに生かしていく予定だ。

 定額制アプリサービス「auスマートパス」、リアル店舗のクーポン配信などを行う「スマートリレーションズ構想」に続く「3M戦略」(マルチデバイス、マルチネットワーク、マルチユース)の第3弾として、ネットとリアルの融合をさらに推進していきたいとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -